防災をゲームで学ぼう!!

防災をゲームで学ぼう!!

こんばんは夜景

徳島と東京で活動しております、整理収納アドバイザー&防災士の迎 純子ですにこ

10月某日、徳島市川内中学校で防災に関する講演の講師として、

防災について防災ゲームでお伝えしてきました学校

徳島の私の自宅がある区域と同じ『津波災害警戒区域』に該当する中学校です。

『今の中学生ってどんな感じなんだろう!?と思いながら迎えた当日・・・・

何とビックリ!!

玄関や廊下、階段ですれ違う生徒さん、皆が皆、気持ちのいい挨拶をしてくれるじゃないですかきらきらキラキラ

学校内もとてもきれいに掃除されており、生徒の皆さんに会えるのがとても楽しみになりましたにんまりワクワクドキドキ

突然ですが、皆さんも一緒に考えてみてくださいね!!

問題です。

Q.危険な津波の高さはどの高さ??

① 30cm  ② 50cm ③ 1m

ウォーミングアップクイズの中では一番簡単な問題ですが、皆さんわかりましたか??

お勉強も大変になってきている中学生の皆さんには、ウォーミングアップついでに身体を動かして考えていただきました笑顔(色無し)

さてさて正解は・・・・①30cmでした。30cmの高さは、163cmの身長の私のふくらはぎ位の高さです。

『この高さで危険なんビックリビックリ

そんな声もたくさん聞こえてきましたが、この高さでも危険なんですWARNING

そして、こちらは本題の防災ゲームの最中です。

子供らしい意見や、冷静な意見、様々な意見を5人グループになって話し合っていただきました。
昨年、小学生のPTAの保護者の方や先生を対象に防災ゲームをさせていただいたのですが、改めて大人も子供も本当に色々な考え方があるんだなと思いました。
その時のブログはこちらリンク→pk☆
後日、中学生の皆さんが感想を書いて送ってくれました。
一部ですが、ご紹介させていただきますねうへ
■防災についての学習を終えて■  ・災害時、自分自身の命を守る為に人それぞれ取るべき行動が違うということを学んだ。 ・お話の中にクイズがあって、そのクイズでは短時間ですばやく判断しなければならなかったけど、正直短時間でベストな答えが出せませんでした。でも現実は短時間で自他の命を守れる行動を取らなければならないと思います。
・今回の学習で自分の今までの行動を見直すきっかけになったし、これからの課題も見つかりました。
・これまでの私は防災に対してあまり深く考えていなかったのですが、これからは真剣に防災と向き合っていこうと思います。
・私は防災についての話を聞いて、1つ学んだ事があります。自分の命は自分で守るということです。
・防災についての学習をして、大事な時は自分で考えて行動することが大切なんだと感じました。
・早速、家に帰って自分で防災用のリュックを作ろうと思いました。自分が助かるだけではなく、自分の周りの人も助けられるようになりたいです。
・防災について講演会を聞いてゲーム式でとても楽しく、他学年との交流が深まったと思う。地震や津波が本当に起こった場合、自分はとっさにどのような行動に出るのかが良く分かった。
50分という短い時間で、中学生のみなさんに伝わっているのかとても不安でしたが、しっかり伝わってくれていたのだ​と、ホッとしましたほっ

【事前にできる防災がある!!】 そして【自分の命は自分で守る!!】

これからもたくさんの方に伝えていければと思います笑
そこで、本日発売の
『日経おとなのOFF 12月号』
P30~31 整理整頓は防災の第一歩
【最優先は避難経路の確保 防災グッズで身を守る】
に整理収納アドバイザー&防災士として『事前に出来る防災について』掲載していただいたので、みなさん是非ご購入して読んでみてください笑顔(色無し)(私への取材がこんな形になるなんて、プロの方は本当にスゴイです!!)
ご購入はこちらやじるしhttps://books.rakuten.co.jp/rb/15682441/

徳島の本屋さんにも売ってるのかなはてな

書店にて購入も出来るし、
今回の【日経おとなのOFF12月号】も、本当に面白いので、皆さん、立ち読みしないで是非買ってくださいねテヘ
日経おとなのOFF定期購読もおススメです笑顔リンク→pk☆
(定期購読は少しお安くなるみたいです♪

そして今回の防災講演には、整理収納アドバイザーの同期で、6月の大阪府北部地震を自身が経験して、防災士を取得した龍田美穂ちゃんに、大阪からお手伝いに来ていただきましたきらきら

龍田美穂ちゃんのブログはこちらLink☆

※いつも修正アプリにはきれいにお顔を修正していただき感謝しておりますえへ

これからも整理収納アドバイザー&防災士として、たくさんの方のお役に立てればと思いますので、皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします笑顔

そして最後まで読んでくださり、ありがとうございましたnikori☆☆